マナーも重視したい!結婚式の席次表つくり

上座と下座を理解して席次表を作ろう

席次表作りは、マナーもわきまえて招待客に席を選んであげるということが重要になってきます。招待客によっては、自分の座席の位置によって不快な思いをするということもあるので、二人だけで決めずに両親や親戚の人とも相談しながら決めていくと安心です。結婚式では、常に右側が上位になります。つまり、右側に新郎が立って新婦が左側に立つというのが一般的です。しかし、婿入りをしたという場合にはこの位置が逆転することもあります。前後の関係では、高砂に近い前列の中心側から上座となります。主賓や職場の上司には上座の席を選び、その後には部署の先輩や学生時代の先輩方、同僚や友達という順にします。そして、親せき、家族が座った後に後列端に両親に座ってもらうことになります。

マナーをわきまえつつも楽しんでもらえる配置を選ぼう

結婚披露宴の席次表作りでは、上座と下座のテーブルの配置を考えるとともに、そのテーブル内でも上座と下座が存在しています。近年では、テーブルは円卓を用意するということも多いのですが、円卓であっても高砂に近い場所は上座になります。ただし、上座と下座にとらわれすぎてしまえば、仲の良い人たちを離れた席に配置することにもなってしまいます。結婚披露宴は2時間程度の長時間にもなり、その間に両側に見知らぬ人が座っていれば人見知りの人になると居心地が悪くも感じられてしまいます。結婚披露宴で楽しんでもらうためには、仲の良い人を同じテーブルにしたり隣り合わせにするということも重要であり、時には職場の先輩と同僚を並べるという配置にするなどの柔軟な選び方も必要になってきます。

結婚式の席次表で1番重要なのは、招待客の肩書きを間違えないことです。そしてもう1つは、招待客の名前の漢字を間違えないことです。ささいなことでも、間違えられた本人は気にするものなのです。