意外に知らない人が多い!?婚約指輪と結婚指輪の違い

婚約指輪とは?結婚指輪とは?

結婚にまつわる指輪というと思い浮かぶのが、婚約指輪と結婚指輪です。宝飾品に無頓着な男性などには、その違いについて知らない人が大変多いですが、これらは明確に位置付けが違います。結婚指輪とは、その名の通り、結婚していることを示す役割を持つものです。少し形式ばって表現するのであれば、「結婚による契約を結んでいる状態を視覚的に象徴するもの」ということになります。結婚式で交換する指輪は、この結婚指輪です。他方、婚約指輪は結婚を申し込んだ際、そのプロポーズを受け入れてくれた女性に対し、男性が感謝の意を表すために贈るものに他なりません。プロポーズの際にサプライズで渡すか、それとも後日二人でじっくりと選んで購入するかどうかといった違いは人それぞれですが、少なくとも男性から女性に対して贈る指輪なのです。

結婚指輪と婚約指輪はどういう風に違うの?

結婚に向かっていく際、いざ婚約指輪や結婚指輪を選ぼうとした際、どういった指輪を購入すれば良いのか、金額的にはどんな違いがあるのかといった点について知らない人も少なくありません。婚約指輪は上述の通り、女性に対して感謝の気持ちを示すために贈るものであるため、気持ちがこもっていることが最も重要で、それを表す尺度として金額的に高いものが一般的に良いとされます。過去婚約指輪が「給料の三か月分」と言われたのは、こうした認識によるためです。一方で結婚指輪の場合、日常的に装用することが前提となるため、デザイン性よりもはめていて違和感が無いようなものが好まれます。金額的にも、ペアリングで20万円前後のものが最も多いとされています。

結婚の約束として男性から女性に贈る婚約指輪の相場は平均で約30万円で、給料の1か月分が目安だと言われています。