さりげない花とウエディングアイテムの演出で!!フレンチスタイルをもっと素敵に

暮らしの中にある花を手本に

お花屋さんが街の風景の一部になっているフランスでは人々の暮らしの中に、自然と花が生きています。フレンチスタルのウエディングを演出するのなら、そんな感覚をお手本にするといいでしょう。生花をアクセサリーにしたり、プチギフトに花を添えたり、ペーパーアイテムにも花柄を効かせましょう。繊細な印象の花材やペールトーンのピンクやパープルは大人のスウィートを上手に表現できるので取り入れると良いでしょう。

フレンチスウィートなアイテムで

フレンチスタイルのウエディングではパリの街で雑貨めぐりをするようにお気に入りのウエディンググッズを探していきましょう。見ているだけでも幸福な気分になれるようなアンティークのボタンやカメオのブローチ、ビーズやレースにフラワーコサージュ等、フレンチスウィートなアイテムを想像力を膨らませて使いこなすといいですよ。ブーケはペールカラーの花々をミックスしたブーケにあえて、落ち着いたトーンのリボンを巻いてみましょう。

花柄のペールトーンの王道スタイル

ガーリーな花柄とフェミニンなペールトーンは、フレンチスウィートの王道スタイルといってもいいでしょう。可憐なイメージのスウィートピンクを束ねて花と同系色のツートーンのリボンでヘアアレンジしてスタイリングもトータルであわせていきましょう。ブーケをガーランドにしてもよく、開放的なパーティなら両手が自由に使えるので動きやすいですよ。パーティバッグに花を飾ればお色直しのブーケ代わりにもなります。デザートテーブルは味はもちろん、デザインやカラーにこだわってもてもいいでしょう。

白金の結婚式場では、ブライダルフェアをはじめとした多数のイベントが開催されており、式場内の見学やプランナーへの相談などを気軽に行えます。